FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝る前の照明が不眠症の原因に!照明をかえれば不眠症が改善する

2018/07/18 10:59:07 | ちゃんとした生理に変える | コメント:0件





「なかなか寝付けない・・」

「寝てもすぐ目が覚めてしまう・・」

なんてことはありませんか?

ぐっすり眠れないと、次の日は疲れを引きずってしまいますよね?

さらに、深く眠れない日々が続くと、体の疲れがとれないどころか、病気につながってしまうこともあるんです。

睡眠を十分にとることは、健康を維持する上でとても大事なこと。


では、なぜなかなか寝付けず、途中で起きてしまうのでしょうか。深く眠れない原因はなんなのか。


そして、質のいい睡眠をとるためには何が必要なのでしょうか。


実は、「寝る前の照明」があなたの不眠の原因になっているかもしれません!





寝る前にどんな色の照明を浴びているか思い出してみてください。



照明の色は、

・青白い昼白色、

・白っぽい昼光色、

・オレンジがかった電球色

の三種類に分類されます。


この中で、あなたが寝る前に浴びている照明はどれですか??



私はというと、以前は、白っぽい昼光色の照明の部屋で過ごしてから寝る習慣がついていました。


 
そして、なかなか寝付けないことに悩んでいました。



そんなとき、旦那があることに気づいたのです。






それは、二人で居酒屋にいったときのこと。


旦那が、ご飯を食べはじめてすぐ、

「なんか眠たくなってきた・・」

と言い出したんです。

確かに、そういわれると、私もなんか眠たいような気がしてきました。


「いやいや!眠いのは、居酒屋だからお酒のせいではないか?」と思うでしょうが、

二人ともお酒を呑んでいませんでした。


「なんでかな~」と二人で言っていたとき、旦那が気づいたんです。


その居酒屋は、暗いオレンジの電球色の照明でした。


旦那は、早速、照明の色と睡眠の関係についてネット検索。


すると、


オレンジ色の電球は副交感神経を刺激して眠くなることが分かったのです!





実は、昼白色・昼光色の2色は目から入る刺激が大きく、交感神経を刺激してしまいます。

この2つの照明を、寝る前に使用していると、ぐっすりと深く眠ることが難しくなってしまうのです。

そこで、寝る前の照明は、オレンジがかった電球色が好ましいそう。

オレンジ色は夕日の色をイメージしますよね。

夕日を見ると、夜に向けて副交感神経が高まっていき、眠りにつきやすくなるのです。

だから、夕日と同じオレンジ色の電球でも、同じ効果が得られます。







早速、旦那が家の照明を買い替えてくれました。以前の照明は、白光色か、オレンジ色に調節できる電球だったものの、

寝る前のリビングでの時間を過ごすには、オレンジ色の豆電球では暗すぎました。

そこで、光の種類、明るさをリモコンで調整できる照明を購入。その照明は、白色と暖色を選べ、さらに明るさも調節できるものなので、

暖色、暗めに設定して使用することにしました。


こうして、我が家の照明は、オレンジ色になりました。




そして、旦那の気づきは見事的中!



オレンジ色の照明にしてから、格段に私の寝付きがよくなったのです!!


照明と深い睡眠には関係があることを自ら体験した私たちは、さらにいい睡眠をとるための照明についていろいろ調べてみました!


そこでさらにわかったことは、

・寝ている間、照明はつけたままにしないこと!

瞼を閉じていても光を感知し、深い眠りを妨げてしまうからです。


また、照明の位置も重要です!

・寝る前は、照明の位置を低くすること!

高いところから照らされると、より集中力が高まる傾向にあります。

就寝前など、リラックスしたい時は、低い位置から照らす方が良いのです。

そこで、寝室には、オレンジ色の照明を低い位置に置くことをオススメします!





睡眠の質は、ちょっとした環境で良くも悪くもなります。

寝付きが悪く悩んでいる方は、

ぜひ、照明をオレンジ色の電球色にかえてみてはいかがでしょうか?

よい睡眠がとれるようになれば、

確実に、今より生活や人生の質がアップしていくこと間違いなしです!

↓1日1クリック、お願いします!




にほんブログ村 病気ブログ 子宮頸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ
にほんブログ村














関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。