FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多嚢胞の原因はインスリン抵抗性?血糖値を下げる食べ物5つ!

2018/06/05 11:32:12 | 多嚢胞を変える | コメント:0件

不妊症の原因の一つ、多嚢胞性卵巣症候群というのがあります。

これは、インスリン抵抗性ができてしまうことが原因の一つと考えられています。

インスリンは血糖値を下げるために必要なのですが、これがうまく働かなくなってしまうのです。


私は、20代で仕事のストレスから甘いものを食べまくっていました。

なので、インスリン抵抗性ができ、多嚢胞になってしまったのかもしれません。

血糖値が上がりすぎるとインスリンを大量に出さないといけなくなるので、

今は、できるだけ血糖値をあげない生活を意識しています。


そこで、今回は、多嚢胞を改善するために、血糖値をあげない食べ物について紹介します!


①玉ねぎ

玉ねぎに含まれるイソアリインがインスリンの働きを良くします。その結果、血糖値が下がるのです。

また、血液もサラサラにしてくれるので、一石二鳥!

イアソアリインを効果的に摂取するためには、加熱調理か、生で食べることがおすすめ。

水につけてしまうと有効成分が溶けてしまい、血糖値を下げる効果がなくなってしまうので注意!

②アボカド

アボカドには血糖値を下げるといわれているカリウムが豊富に含まれています。

カリウムはインスリンの働きを良くすることで、血糖値を下げる効果があるんです。

加工食品を食べる事が多い現代人、コーヒー、お酒、甘いものが大好きな人は、カリウムが不足しやすいので、意識してカリウムを含む食材をとる必要があるのです。


③キノコ

キノコには、インスリンが働くための受容体があり、血糖値を下げる効果が高まります。

また、豊富に食物繊維が含まれているので糖質の消化吸収を抑えて血糖値の上昇を緩やかにするという効果も。


④納豆

納豆にはレシチンがあり、これが不足すると、すい臓でインスリンが出なくなってしまいます。

また、納豆に含まれるサポニンにも、血糖値を下げる効果があります。

⑤黒ニンニク

黒にんにくに含まれるアリシンという成分と、ビタミンB1が結合してできるアリチアミン。

これは、ビタミンB1と同じ働きをするだけでなく、ビタミンB1の吸収も高めてくれます。

ビタミンB1によって、糖質がエネルギーに変わりますので、糖質の代謝をうながして血糖値を上げないことにつながるのです。




食生活を改善し、血糖値を下げる生活を続けることで、多嚢胞の原因になるインスリン抵抗性が改善していくといいな~。

と思いながら、コツコツ続けています。

治らないと言われている多嚢胞ですが、これで改善できたらまたお知らせしたいと思います!





iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=tf_til&t=miraiwokaer0d-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=4908295026&linkId=237f022a0a25fe7f4f976fecb15a5d4c&bc1=ffffff<1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr">


↓1日1クリック、お願いします!
にほんブログ村 病気ブログ 子宮頸がんへにほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。