FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妹の妊娠が受け入れられない

2018/04/06 22:59:57 | 毒親育ちの過去にこだわる自分を変える | コメント:0件

小さい頃から、母親にはいつも妹と比べられ、

「なんであんたはできないの?」

と否定されてきました。

母親にとって、子どもは自分の承認欲求を満たす存在。

妹は、勉強ができて中学受験も大成功。母親は、周りから誉められ満足でしたし、妹には優しかったです。

でも、私は中学受験には失敗。母親に、

「あんたは、近所に恥ずかしい人間」

と言われたことは忘れられません。


それから、母親の目は受験に成功した妹に向き、私は干渉すらされなくなりました。


しかし、高校受験や大学受験、就職がある程度順調にいくと、母親の態度は変わりました。

ニコニコしながら接してくるようになったのです。

以前、罵り、けなしていたことが、さもなかったかのような母親の態度の変わりよう。

悪いときは、追い詰められるくらいけなされ、

いいときは、手のひらを返したようにニコニコ。


「あぁ、私は、ちゃんとできないと誰も受け入れてくれない」

「失敗したら誰も認めてくれない」

失敗や人に否定されることが、極度に怖くなりました。


だから、「妊娠できない」という事実は、「私は失敗作なんだ」と感じてしまうから怖いのです。

「子どもができないなんて、社会的に恥ずかしい」

と母親に言われている気がしてしまうんです。


そして、一番恐れていたショッキングな出来事が。



妹の妊娠、出産です。



妹には、母親と一緒に昔からバカにされてきたので大嫌いです。

だから、正直全く嬉しい感情は皆無。むしろ、


「お姉ちゃんはまだなん?」

と妹にバカにされ、


「なんでできないの?」

と母親に責められているように感じ、怒りと憎しみと悲しみがふつふつと沸き上がってきます。



以前はそんなできない自分を否定しまくりました。

自分なんて大嫌いでした。

消えてなくなればいいのにと何度も思いました。




しかし、旦那に出会って、そんな自分が少しだけかもしれませんが、変わったように思います。

悪いときも一緒に悩んで、いい方向へむくように、考えてくれる人がいることを知ったのです。

妊娠しにくいことが分かっても、見離したり、悪口を言われたりしたことは一度もありません。

妊娠しやすい健康な体になるためにいろいろ考えたり、アドバイスしてくれるんです。


「できなくても、よりよくなるために励ましてくれる人がいる」
「できない私でも、変わらずに一緒にいてくれる」

そう思うと、自分が大嫌いだった気持ちが少しやわらいできました。

旦那に出会えて、

「どうせ私なんか」

て思うことが減ったなと。

母親や妹への嫌悪感は消えませんが、自分への嫌悪感が旦那のおかげでやわらぎ、日々落ち込むことが減りました。

きっと、妊娠できなくても、自分を大事に思って生きていけるだけで幸せだろうな


少しずつ、そんな風に思えるようになってきました。

ただ、妹の妊娠は一生受け入れられないかもしれませんが・・

私にとって、自分を否定する気持ちが少し減ったことは、大きな進歩かもしれません。


↓1日1クリック、お願いします!




にほんブログ村 病気ブログ 子宮頸がんへにほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへにほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ













関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。