FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--:-- | スポンサー広告 | コメント:-件

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊やがんにつながる低体温

2018/03/19 09:05:50 | 不妊体質を変える | コメント:0件

一般的に体温が36℃未満の状態を低体温と呼んでいます。

私は、小さい時から体温をはかると35℃台という低体温の子でした。
低体温が健康によくないと知ったのは、不妊治療を始めてから。

低体温だと、不妊症につながるだけでなく、がんにもなる可能性があります。

体温が1℃下がると、体内酵素の働きが50%低下、免疫力が37%低下、基礎代謝が12%低下します。

36.8℃の健康体温の人に比べて35.8℃の人は病気になりやすく、
病気が治りにくく、太りやすいといわれています。

では、体温をあげるには、どうしたらよいのでしょうか。

●筋肉をつける!
筋肉は熱を生み出す働きがあるため、筋肉量が少ないと体温が下がります。筋肉をつけるには運動です。
1日30分以上の運動を週2〜3回以上行うと良いとされています。

●湯船に浸かって身体を温める!
普段シャワーだけで済ませていませるのはだめです!体温を上げるには湯船に浸かり、しっかり身体を温めましょう。
ぬるめのお湯(38〜40℃)に20分程浸かるようにしましょう。

●睡眠をしっかりとる!
睡眠には免疫力を高めたり、体温を上げるなどの効果があります。よって睡眠不足だと、体温が上がりにくくなります。
入眠時には身体の熱を放出し、深部体温を下げながら眠りにつきますが、睡眠時間がバラバラだと体温調節が正常に機能しません。

●薄着をしない!
肌着を1枚着ると、体感温度が約1℃あがると言われています。
特に体温が更に下がる月経期は、いつもより温かい服装で過ごすとよいそう。
腹巻でお腹を温める、ひざ掛けを使うなど、身体を冷やさないように工夫しましょう。

●首、手首、足首を温めて、血の巡りを改善!
首、手首、足首を温めると、血液も温まり、血流が良くなるとされています。マフラーやネックウォーマー、レッグウォーマーなどを活用するとよいそうです。

●体を温める食事をとる!
低体温を改善するためには、食事も大事です。温かい食べ物を取るようにし、飲み物は常温か温かいものに。冷たい食べ物や飲み物は、どうしても体内を冷やしてしまいます。なるべく冷たいものは控えましょう。
また、夏が旬のものは身体を冷やす傾向にあるので、冬が旬のものは、身体を温める傾向があると言えます。ニンジン、長ネギ、玉ネギなどは冬に旬を迎え、身体を温める効果があります。


私は、体温をあげるために、これらのことを実践したら36℃まで上がりました!
生活習慣を変えると低体温が改善されるので、ぜひお試しください。




↓1日1クリック、お願いします!




にほんブログ村 病気ブログ 子宮頸がんへにほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへにほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ













関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。